自己破産

自己破産は債務整理の中では最終手段の方法です。双方にとってダメージをくらってしまう方法です。簡単に言うと自己破産とは、債務全て免除すなわち返済しないということなのですが、もちろん返済しない代わりの痛手を債務者は追うことになります。また信販会社や、金融会社にとってもダメージで自己破産した債務は返ってきません。貸したお金がかえって来ないということです。その分の負担は会社側ですので、安易に自己破産をさせないようにします。自己破産は裁判所を通して行う必要があります。全ての債務の免除がされますが、車や住居など一定以上の価値のある財産がある場合にはそれをお金に換えて少しでも返済にあててるので手放します。無一文に近い状態で破産しなければいけません。自己破産には多くのデメリットを抱えることになります。まずは10年近く借入禁止です。

さらに就ける職業が限定されます。住所、氏名は官報に掲載され、個人情報が特定されるので金融機関等からの信頼は得られません。自己破産は、支払能力がゼロに近い人が行う最終手段なので、士業も簡単にはすすめません。返済が帳消しになることで精神的負担は軽くなるかもしれませんが、その後のことを考えると一概には負担がなくなるということはありません。