債務整理の種類

債務整理ですが、クレジットカードや消費者金融を多用している人は知る必要があります。これらの借入によって多重債務となってしまい、返済が滞り借金をかかえる前にそれを解決する方法を債務整理と読んでいます。この債務整理には4つ種類があるので説明します。どの方法にも一長一短があり、決してどれが良いというわけではありません。

1つ目は、任意整理という債務整理方法です。裁判所を通さずに債権者との話し合いにより返済の額を決めることです。この方法は私的の部分が大きいので、簡単にできるのですが債務者本人との交渉には応じてもらえることが少なく、弁護士などの代理人を立てるケースが多いです。また裁判所を通していないため効力が弱く、長期間にわたる返済は拒絶されます、長くても3年とみておいてください。

2つ目は、特定調停です。裁判所を介します。利息制限法にのっとって債務の引き直しを行い、期間3年で分割返済に変更するようにします。

3つ目は、民事再生です。良く耳にする言葉でもあります。これも裁判所を介する方法で、民事再生法に基づき再生手続きを行います。条件としては、将来一定の収入を得る見込みのある者に限り、債務の一部を期間3年で支払っていく方法です。自営業者、サラリーマンなどの業務形態により適用する方法が若干異なります。

4つ目は、自己破産です。いよいよ返済が厳しくなった場合の最終手段とも言えるこの方法です。強制的に財産を金銭にかえて、返済させる方法です。