再生

債務整理の中の1つ再生。民事と個人がありますが、今回は個人再生の説明をします。個人再生とは、この後に出てくる自己破産とさきほど説明した任意整理の間をとったような方法です。債務を大幅に免責しつつ、任意整理のように長期の分割払いにするという方法です。免責額は約5分の1.その額を期間3年で支払うことになります。この場合の条件には、収入があることが必須です。この収入に対して少額でも返済能力の有無が問われ、将来的に継続して支払が可能な人にしかこの方法は適用されません。

大幅に減額された借金を(減額の程度は、借金の額、保有している財産によって異なります)、原則として3年間で分割して返済していくという手続です。
減額後の借金を完済すれば、再生計画の対象となった借金については、原則として法律上返済する義務が免除されます。

メリットとしては、債務が5分の1になり任意整理に比べるとはるかに減りますので、気持ち的にも随分と楽になることでしょう。そして、返済中は差し押さえや車などの財産を手放す必要がありません。

一方のデメリットは、債務整理以後最長10年は、どこからも借入ができません。また条件にもあるように返済できる能力がない場合には、適用されません。住所と氏名が国発行の官報に掲載され公になります。多少国が守ってくれるという面はあるのですが、債務整理中であることが公になります。よく耳にする民事再生も似たような手続きです。会社の場合は、公にすることで新たにきちんとした会社を立て直せるという面がありオープンにされてもダメージは少ないですが個人となるとちょっと恥ずかしい面もありますね。