任意整理

債務整理の方法でもっとも多く利用されるのが任意整理です。裁判所を介さずに、司法書士や弁護士などが債権者と返済の内容を話合い支払していける状態に持っていく方法です。消費者金融の中でも高額な金利を要求してくる業者もありますので、利息制限法の引き直しや、過去の過払い利息などを元に抱える借金の金額を減らします。さらに、返済にあたり将来的にかかる利息分も減額できるよう交渉し、少しずつでも返済ができるように交渉します。メリットとしては、債務総額が減額されます、そのことで完済期間も予定より早く済むでしょう。気持ちの面でも負担が軽くなりますね。任意なので、裁判所を通す必要がないので手続きも早く済まされ、部分的に債権者だけで整理することも可能になります。一方のデメリットは、任意整理後、むこう5年間は一切の借入ができません。よく言われるブラックリストというものに乗ってしまいます。

また、相手によっては任意整理に応じない業者も増えてきてしまい、必ずしも有効な返済方法というわけではありません。しかし、最初の1歩として行う債務整理として任意整理をやるには良い方法です。少しでも収入があり、返済していく意思がある場合には債務整理できちんと返済しましょう。